Loading

ブログ

加湿器のエレメントを安価に交換しました

お客様のお困りごと

加湿器はエレメントに水を流すので、そこにカビが生えたり、カルキがたまったりします。
熱交換をするアルミフィンに付着したものなどは、フィルタでは除去できず、どうしても加湿エレメントにまで影響を及ぼします。
そのため、1年に1回は必ず洗浄が必要で、3年~5年に1度は交換が必要な部品となっています。
また、洗浄については厚労省で洗浄が義務付けられていて、劣化してくると加湿能力が落ちてくるため、定期的な交換も避けられません。
ただし、メーカー品のエレメントは高く、そうそう簡単に交換できないため、安価なエレメントを探していらっしゃいました。

大協産業からのご提案

大協産業では、各メーカーのエレメントに使用されている素材のノウハウを蓄積しており、他の素材メーカーでも同様のエレメントを製造していることを把握しています。
それらの情報から、純正品に近いエレメントを選定し、お客様にご提案をさせていただきました。

解決した内容、お客様の声

純正品でないものを納品させていただきましたが、今現在も純正品の加湿エレメントと遜色く稼働しています。
お客様からは、「メーカー純正品じゃない安価なもので対応できないか」と依頼されましたが、無事に要求をクリアすることができました。安価に交換することができ、お客様にもとても喜んでいただけました。

空調用フィルターの大協産業株式会社
フィルター等のご購入やメンテナンスにお困りでしたら、お気軽にお問い合わせください。

お問合せ

関連記事

  1. 優勝!
  2. 災害レベルの猛暑
  3. お客様とのご縁

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP